スタートアップ起業
ワークショップ
in HIROSHIMA
2019.7.6-7
at co-ba hiroshima
Presented by Gaiax STARTUP STUDIO
「ビジネスコンテスト」ではない、本当に起業したい人のための2日間のワークショップ
自分の周りにある問題や、地域、社会が抱える課題から、事業を創造し起業することで解決していきたい。 課題やアイデアや技術を持っている人が、その一歩を踏み出すために必要なことはなんなのか。その答えの1つとして、サービスを生み出していくためのプロセスを経験することだと考えました。そこで、新しい未来を創りたい人が集まり、アイディア作りから事業化まで実現していくワークショップを開催します。
優れた参加チームには、その後Gaiax STARTUP STUDIOからの投資とハンズオン支援を受けるチャンスがあります
WORKSHOP PROGRAM
1
リーンキャンバスの作成
自分が取り組みたい課題や事業について、フレームワークに基づいて深く落とし込む
2
事業開発プロセスの理解
リーンスタートアップの事業開発手法についてのレクチャーを通して、どのように事業開発をしていくのかを理解する
3
仮説検証のチャレンジ
リーンキャンバスに落とし込んだ事業アイデアの仮説検証をインタビューを基に行い、実践的な事業開発プロセスにチャレンジ
4
個別メンタリング
仮説検証を進める中で出てきた問題点に対して、メンターが具体的なアドバイスを行い、二日間の成果を最大化
5
プレゼン準備
仮説検証で得られたフィードバックをもとに事業プランをブラッシュアップし、Pitchプレゼンテーションに向けた資料を作成
6
Pitchプレゼンテーション
オーガナイザーとイベント参加者に向けて、二日間でブラッシュアップされた事業アイデアをプレゼンテーション
Workshop Organizer
ガイアックス社のスタートアップ事業創出の
ビジネスと技術を担う二人がオーガナイズ
岡田 健太郎
執行役・Gaiax Startup Studio責任者
@ken_okada1119
ヤフーにてヤフオク!立上げ期の責任者として従事。その後、スタートアップの立上げや通信キャリアのネット部門を経てガイアックス入社、2015年に執行役就任。 現在はGaiax Startup Studioの責任者として主に、シェアエコ・CtoC領域におけるグループ内新規事業および投資先の支援に注力している。
佐々木 喜徳
技術本部長
@norinux
組み込みOS開発やテクニカルサポート業務の経験を活かし、個人事業主として独立。 その後、フィールドエンジニアリング会社の役員経て2007年からガイアックスに参画。 現在は技術本部長として、ガイアックスで生まれるスタートアップの技術支援や組織のエンジニアリングの戦略に取り組んでいる。
Special Guest
二日目の事業アイデアピッチの観覧・応援
木下 麻子
広島銀行 人事総務部 担当課長
2級キャリア・コンサルティンク゛技能士
広島市安佐北区在住。三児の母。趣味はキャンプ。 ベルギー生まれ。東京や海外などで生まれ育ち、慶應義塾大学SFC卒業後、株式会社リクルートにて営業、商品企画、人事を15年間勤めた後、家族の介護サポートから広島へ移住し、広島銀行へ。現在は人事総務部にて採用・女性活躍推進等の責任者を務める。
参加条件
参加費は無料
インターネット業界で近い将来起業をしたいと考えている
中国地方・四国地方の学生(高専、大学、大学院の方が対象)
・1名~3名チームでの参加
計8チーム募集
7/6 ~7/7 の2日間を通して、イベント会場(co-ba hiroshima)に参加できる方
時間は10:00-19:00、最終日は終了後に懇親会を予定
応募方法
下記の応募フォームよりご応募ください。
応募締切:2019/06/26 (※受付終了)
参加を迷われている方へ
広島在住のイベント運営チームメンバー@chanyou0311が、対面でお茶をしながら相談にのることも可能です。TwitterのDMでどうぞ
About Gaiax STARTUP STUDIO
Gaiaxは、東京の永田町にコミュニティビルGRiDを拠点として構え、自社事業と平行してシェアリングエコノミー協会やスタートアップ投資を通してイノベーションを創出しているベンチャー企業。
Exit済み投資先は、マックス村井氏を率いるアップバンク社やピクスタ社、直近の投資先では多拠点co-livingサービスのADDress社など20社以上を数える

そんなGaiaxが掲げる企業ミッション「人と人をつなげる」を実現するべく、AirbnbやUberなどに代表されるようなシェアリングエコノミーやCtoCの領域でのスタートアップを0から創出することに注力している組織が「Gaiax STARTUP STUDIO」。

スタートアップスタジオとは、出資とともに、事業開発・エンジニアリング・バックオフィスの支援も提供することで、創業メンバーが最小1人からでもスタートアップが立上げ可能な枠組み。

これまでに、事業創出イベントなどを通じて優れた事業プランを見出し、すぐれたスタートアップを次々と創り出している。
Gaiax STARTUP STUDIOの特徴
若手に特化
ファウンダーの8割が、現役学生〜新卒3年目
超シード期の支援
事業プランがまだ定まってなくとも、事業アイデア探しの壁打ち相談〜協同での初期検証が可能
ファンダーは社内と社外のハイブリッド型
社外からのファウンダー採用だけでなく、ガイアックスの社員もファンダー対象
社内人材の場合、何度もトライする中で、成功確度を上げていける
出資先への支援体制
事業開発
・定期レビューやslackを通じた事業推進のアドバイス
・事業推進上で必要な各種コンタクト先の紹介
・インタビュー先の開拓、インタビュー実務
エンジニアリング
・プロダクトオーナー、スクラムマスター派遣
・MVP開発、プロダクト開発の実務
・開発アドバイザー支援
バックオフィス関連
・経理、財務、労務、法務の実務
・採用・広報におけるアドバイス
・シェアオフィスNagatacho GRiDの提供
事業検証の流れ
フェーズを切って事業検証を進め、フェーズ毎のKPI達成に応じて追加投資を行う。
直近のスタートアップスタジオ出資先
本ワークショップは昨年より東京にて継続的に開催し、毎回厳選された10チームほどが参加。現役東工大院生の高桑蘭佳氏がCEOを務める株式会社メンヘラテクノロジーも、このワークショップをきっかけに誕生した。
応募方法
下記の応募フォームよりご応募ください。
応募締切:2019/06/26(※受付終了)
Made on
Tilda